Ninja1000 Caprice Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS キャンプでバイオライトキャンプストーブを使ってみた!in 「ふれあいの里」

<<   作成日時 : 2013/10/14 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
2013年10月12日〜14日 茨城県城里町「ふれあいの里」でキャンプしてきました。

9月のキャンプは台風直撃で一泊に短縮&大雨の撤収で大変でしたが、今回は天気も良かったし、最高のキャンプでした。

いつも茨城でキャンプするときは那珂湊のお魚市場で魚介を仕入れるので、今回も立ち寄りました。最近は男二人と次男くん3人のキャンプが多く、いつも食材選びは量の問題で苦労します。来年次男くんが中学になったら男二人キャンプになるんだろうなぁ・・・そのときは、那珂湊周辺の魚屋さんを見つけたいと思います。
画像

ブリ一本1000円はとても安いのですが、これ捌いたらブリ尽くし料理を考えなければなりません、いろいろ食べたいし、今回は銀ダラの干物とサザエ、アサリ、カツオという無難なチョイスです。カツオは前回同様刺身でニンニクと生姜で頂きました。(ちなみに余ったカツオは漬けにして朝食で食べましたよ)
画像

前回はエボ鯛の干物ですが、今回イはランクアップして銀ダラの干物を炭焼きにしました。こいつは本当に旨い!ビールに最高です。
画像

お次はサザエのつぼ焼き、大きいやつを買ったので、とても食べ応えがあり美味でした!

夜も更けところで、焚き火三昧です。
画像

焚き火を楽しみながら、お湯割をガンガン飲んでしまい、記憶が断片的です・・・

翌日は6時に起床し、サイト周辺をウロウロ、電源がある第二サイトと違い、第一側には大きな木が多く、とても良い雰囲気です。ここなら夏でも涼しくすごせそうです。
画像

前回はタープレクタングラーLを使いましたが、今回はリビングシェルSを使いました。秋から冬のキャンプはこれが一番です。テントは私と次男くんの二人なのでランドブリーズデュオ、もう一人はランドブリーズソロです。
画像

今回も横着してツーバーナーは出しませんでしたが、仲間と私のシングルバーナー二つで事足りました。

この日は、はぜ釣りに行ってきました。本当は朝早くから釣るべきなんですが、飲みすぎたこともあり、ダラダラと準備し、出発したのが9時、那珂川の釣り場には1時間ほどかかり、現場に到着したのが10時、周りの釣り師は片付けている人も・・・やっぱ遅かったかと思いましたが、直ぐに仲間が釣り上げ、次男くんも直ぐに釣ることができ、楽しめました。
画像

3人で12時までの2時間で21匹、お腹も空いたし、これ以上釣ると調理も大変なので、早めにあがることにしました。

釣りの後は、食材の調達とお風呂です。ふれあいの里のブロガー制度初回特典として、キャンプ場近くの温泉「ホロルの湯」の無料招待券をもらえるんです。両方とも城里町が運営しているので出来るのでしょうが、とても嬉しいサービスですね!

風呂でさっぱりした後は、夕食の準備です。この日は肉と前回好評だった「たこ飯」を作りました。前回は水分が多すぎてちょっと残念だったのですが、今回は美味しくできました。
画像

美味しくて全員おかわり、残った分はおにぎりにして焼いて食べましたが、これも最高でした。

釣ったハゼは頭と内臓を取って、から揚げにしました。
画像

カリカリに出来たのでびーるのつまみにぴったりでした。

お次は肉です。
画像
画像

厚めのステーキ肉を炭火で焼いて、レアステーキにしました。わさび醤油の刺身感覚で食べましたが、こいつも美味しかった!

お腹が一杯になると、焚き火タイム!
画像

いやぁ、焚き火は最高だなぁ・・・癒されます。

この日は、お腹も一杯だったことから、ゆっくりと焼酎と焚き火を楽しみ、記憶を失うことなしに眠りにつけました。翌日は撤収です。やっぱキャンプは3日あると楽しめますね!

翌朝は、撤収日なので朝食はパンで簡単に済ませます。
画像

ランチパックをちょっと暖めると結構美味しくなるのでお勧めですよ!

画像

今回はゆっくり撤収して、それでも10時にはキャンプ場を後にしました。

「ふれあいの里」は、都心からの交通の便も良く、高速もあまり渋滞しない常磐道、水戸ICからも20分くらいです。また料金も第一サイトで2190円、電源有りサイトでも4200円とかなり安いので、お勧めなキャンプ場です。ちなみに、来月もここでキャンプの予定です!

<新グッズ>

今回は、新く購入したグッズを試すキャンプでもあります。

前回は電源付きの第二オートキャンプ場でしたが、今回は予約出来ず電源の無い第一オートキャンプ場で二泊になりました。電源が無いということで、今年購入した「バイオライトキャンプストーブ」を試してみることにしました。

BioLite(バイオライト) キャンプストーブ(POTアダプター) 1824222
BioLite(バイオライト)
2013-02-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BioLite(バイオライト) キャンプストーブ(POTアダプター) 1824222 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


このストーブは、なんと焚き火をすると発電することが出来る優れものです!なんでもペルチェ素子の温度差で発電する仕組みを使っているらしいです。とてもコンパクトで350mlぐらいの水筒程度の大きさです。小さなリチウム電池を搭載しており、それを電源にファンを回し安定して強力な熱源を作り出すことが出来ます。燃料は10cmぐらいの小枝なのでキャンプ場ではいくらでも落ちており、10分も探せば2時間ぐらいは燃やせる燃料が集められました。ファンを回すと電池を消費しますが、同時に蓄電も行います。電気が余るとUSB端子から出力することが出来ます。
画像

ファンは二段階LowとHighの設定があり、Highにすると、結構勢い良く燃えます。このぐらい燃やすと、次々とまきをくべないといけません(といっても小枝ですが)、五徳も付いているので、お湯を沸かしたり調理が可能ですが、Lowで充分火力があります。焚き火しながら充電が出来て、焼酎用のお湯まで沸かせるのは涙もんです。
画像

充電可能になるとUSB端子のところが緑に光りますので、認識しやすいですね!試しにバイク用のナビを充電してみました。(右上のランプが赤く光って充電中であることがわかります)

電源が無いサイトでは、焚き火が出来ることと携帯の充電が出来ることが嬉しいのですが、私のスマフォはソフトバンクなんですが、ふれあいの里では圏外なので宝の持ち腐れ・・・キャンプ的には良い環境ともいえますが!

でも一番気に入ったのは、すごくコンパクトなのに結構焚き火が楽しめることです。これならバイクのキャンプツーリングで楽しめると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャンプでバイオライトキャンプストーブを使ってみた!in 「ふれあいの里」 Ninja1000 Caprice Blog /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる